Tagbangers Blog

AWS

Hibernate Search + Elasticsearch を試してみる (Amazon Elasticsearch Service 版)

前回の記事では Hibernate Search を使って Docker コンテナ上の Elasticsearch と連携してみました。 今回は AWS のフルマネージドな Amazon Elasticsearch Service と連携させてみましょう。 記事中のサンプルコードはここにあります。 環境: Mac OS X Hibernate Search 5.8.0.CR1 Amazon Elasticsearch Service (Elasticsearch version 5.5) 1. Elasticsearch Service を作成する AWS マネージメントコンソールの Elas...

AWS Elastic Beanstalk の SSH ポートを制限する

Beanstalk の環境を作成するときに keypair を設定すると SSH (22) ポートがフルオープンになってしまいます。 これは Beanstalk が自動で作成する SecurityGroup の仕様なので、次のように .ebextensions を設定して接続元をしぼっちゃいましょう。 .ebextensions/00_options.config option_settings: - namespace: aws:autoscaling:launchconfiguration option_name: SSHSourceRestriction va...

AWS RI 使用率レポート ※旧レポートは2017/6/30まで

ダッシュボードの「レポート」からリザーブドインスタンス使用率レポート見てみると、7/1以降使用されていない・・・? 何かメッセージ出ているので確認します。 「コストエクスプローラを使ってください、このレポートは6/30までです」ということですね。 コストエクスプローラにも Reserved Instance (RI) Reports があるので確認してみると、 7/1以降も使用されていますね。よかった。 コストエクスプローラ自体には前に実装されていたと思いますが、既存のレポートは7/1以降はデータが反映されなくなっているようです。 たしかに、RIの使用状況はコストに大きく影響があるものなのでコ...

【速報】AWS Route53 のドメイン登録サービスをご使用になられている皆様へ

【7/8 0:00 追記】 現在は、全てのサービスが復旧している状態とのことです https://status.aws.amazon.com/ whois 情報が勝手に書き換わるという事象が発生してます。 Domain Registration Nameserver Configuration Errors 06:36 AM PDT We are investigating reports that domain nameservers may unintentionally change for domains registered under .ch, .jp. .nl, .sh, and...

AWS Trusted Advisor

Trusted Advisor、ここ最近までほとんど見ることがなかったのですが便利そうですね。 使用しているAWSアカウントにおけるセキュリティの問題を指摘してくれたり、リソースのパフォーマンス状況を教えてくれるようです。  ダッシュボードでサマリーが表示され、デフォルトでは下記の項目についてチェックしてくれます。 問題ない場合は緑色になりますが、問題があると思われる場合は黄色や赤で警告してくれます。 例えばセキュリティグループですが、下記の基準を満たさない場合はアラート表示(黄色または赤)となります。 こんな感じで一目で問題のセキュリティグループが分かるので管理者の方には見やすいのではないで...

Elastic Beanstalk で catalina.out を CloudWatch Logs に出力する

Elastic Beanstalk は2016年12月にアップデートされたプラットフォームから、CloudWatch Logs との連携が強化され、コンソールからオプションを有効にするだけで、簡単にログが Stream に出力できるようになりました。 ただ、例えば Tomcat 環境であれば現時点では以下のログが対象になり、catalina.out が含まれません。 /var/log/eb-activity.log /var/log/httpd/error_log /var/log/httpd/access_log /var/log/nginx/error_log /var/log/n...

新規AWSアカウントの作成

こんにちは。並木です。 AWSにはIAMの機能があるので、あまりアカウントを新規で作成することはないかと思いますが だからこそ。ということで、新規アカウント作成について備忘録 ※全く関係ないですが、備忘録と忘備録はどっちも正解。一般的には備忘録が広まっているみたいですね。 昔、「ぼびーろく」とあまり仲良くない上司が連呼していて、笑いを堪えるのに必死でした。心の中で「ボビーオロゴンかよ!」と。完全に余談。 1.新規登録 https://aws.amazon.com/jp/ いつもとは違う「新規ユーザー」にチェック 2.ルートアカウント名、メールアドレス、パスワードの入力 名前はアカウント名ですね...

ElasticBeanstallkがEFSをサポートしたので試してみる

はじめに こんにちは、荻野です。 先日、EB(Elastic Beanstalk)でEFS(Elastic File System)が利用可能となったことがアナウンスされていました。まだEFSが東京リージョンにきていないため、すぐに利用できるシーンはないかもしれませんが、予行練習も含めてEB With EFSを触ってみました。 試してみる 今回はawslabsのこちらのレポジトリを参考にロードバランシングされたWord Pressを作成してみたいと思います。READMEを参考に進めていきます。今回はEB CLIを利用しますよ! # 作業ディレクトリの作成 $ mkdir wp-eb-with...

Amazon Auroraに新しいインスタンスタイプ t2.small が登場しました

はじめに こんにちは、荻野です。 Amazon Auroraに新しいインスタンスタイプt2.smallの追加が発表されました。昨年の11月にt2.meduimが加わりましたが、より低コストのt2.smallが加わったことにより、開発・検証環境でよりAuroraを利用しやすくなるのではないでしょうか。 また、料金は執筆時点の東京リージョンで以下のようになっています。t2.mediumのおよそ半額で利用可能です。 Instance Type Cost(hour) db.t2.small $0.063 db.t2.medium $0.125 作成してみる と言っても紹介するほどではないのですがw 新...

AWS SDK for Java 1.11.84 から Client Constructors が Deprecated になっていた

はじめに こんにちは、荻野です。 AWS Developer Blogを見ていてへぇ〜っとなったネタがありましたのでご紹介します。 AWS SDK for JavaでConstructorがDeprecatedになっていた 申し訳ないですが、タイトルのままですw 1.11.84 versionからの変更のようで、今後はbuilderを使うことが推奨されています。以下はAWS Developer Blogでも紹介されていたサンプルです。 こちらがConstructorパターンです。 AmazonSNS sns = new AmazonSNSClient(); そしてこちらはbuilderパターン...