Tagbangers Blog

佐々木 亜里沙

スクラムマスター研修を受けてきました

スクラムマスター認定のための研修を受けてきました。 社内でもスプリントを回して振り返りを行っていますが、本当にこれでいいのかな?ということや スプリントを回す = スクラム ... ではないよな??? といった基本的なこともあやふやだったので 今回、改めて研修を受けることにしました。 一番の収穫としては、エンジニアだけでなく、色々なバックグラウンドを持った方々(アナリスト、マネージャー、すでにスクラムマスターの方)と一緒にスプリントを回しながら、 お互いの疑問や悩みについて共有できたところです。 理想的なスクラムマスター像や、運用にあたり注意したり、検討していく必要のある点などを学んでいけたの...

Jira Software でスプリント権限をつけているのにスプリントを開始できないときの対応

細かすぎるのですが Jira の仕様の小ネタです。 Agile な開発をする際に使える Jira Software のスプリントですが、今回はある1プロジェクトのチケットをエピックリンクでフィルタしただけのスプリントで、 かつ、プロジェクトの権限はすでについているのに警告表示されてしまう場合です。 フィルタを元にスプリントを作っていると時々こんな状態になります。 ちなみにこのスプリントで指定したフィルタはこんな感じです "エピック リンク" = ABC-1111 ORDER BY ランク ASC 警告文は「すべてのプロジェクトにて「スプリントの管理」権限が必要」と書いてありますね さて、これを...

Statuspageについての概要

Statuspageとはなにか https://www.statuspage.io/  アトラシアンのサービスの一つで、ユーザにインシデントやサービス停止、定期メンテナンス情報を共有・コミュニケーションすることができるツールです。 ユーザはメールやテキストメッセージを受けることができ、他のインタフェースのシステムステータスを直接ステータスページに埋め込んで状況を共有することができます ステータスページ自体にはサーバやシステムの直接的なモニタリングをする機能はありませんが、モニタリングツールと連携したり、APIを使ってステータスページを更新することができます。 見た目デフォルトはこのようなページ...

Jira Service Desk での「顧客」メニューについて

Jira Service Deskに関する顧客と表示の概念についてちょっと分かりづらい点の補足です。 ドキュメントを読みつつ動作確認しまとめたもので、現時点のもの(JIRA Service Desk Server版 v4.4.0および現時点でのCloud版)ですがもし間違いあればご指摘いただければと思います。 ①Jira Service Deskの「顧客」メニューには、「エージェント以外でそのプロジェクトにアクセスできるユーザ」が表示される つまり実際にポータルから問い合わせするカスタマーだけでなくコラボレータも「顧客」メニューに表示されます。 顧客応対する人:プロジェクトロール"Servic...

JQL for Jira Service Desk

今回は Jira Service Desk の小ネタです お客様(社内含め)窓口を用意して依頼を受け、リクエストのステータスを見ながら管理するのは慣れてきたけれど、 運用の問い合わせが増えてきたら、リクエストをどのようにフィルタリングするかを知ることも大事になってきます。 そこで JQL の出番なのですが、Jira Service Desk の JQL は少し癖がありますのでご注意ください。 ちなみに Jira Service Desk だけでなく、ノーマルな JQL の書き方は こちら でも紹介しています! 前提 Jira Service Desk 登場人物 言葉と概念をまとめてみます。 J...

Confluenceでチームの日報をまとめる with アドオン

レイアウトを変えてみたのでアドオンとともにご紹介します。 Before これまでも日報を書いてみんなの進捗を確認しあえる場はありましたが、日報の管理は各チームごとに別々のスペースに分けて管理していました。 日報は記載項目を固定したかったため、「ページ」に対してテンプレートを適用して管理していました。(※デフォルトの機能でブログはテンプレートが使用できない - Confluence 6.14.1 Server版 2019年3月現在) 問題点 各スペースは閲覧権限が各チームごとにあるため、別チームのスタッフがスペース内の日報を閲覧できませんでした。 ページツリーの下にスタッフの日報がずらっと並んで...

Spring Java Format を使って Springスタイルでコードフォーマット+チェックする

Springのコードを書き、PRを出すタイミングで不要なスペースや改行してないなどといったコードフォーマットのチェックを行いたい時に、 Spring Java formatを利用する機会があったので紹介します。 Spring Java Formatとは Spring本家から出ている、一貫したSpringスタイルを提供するために任意のJavaプロジェクトに適用できるプラグイン 詳細はGithubにて できること: 折り返しと空白の規約を適用するソースフォーマッタ コードベース全体の一貫性を強化する(チェックスタイル) シンプルで、準備もpomに書いて実行するだけなのでとても簡単ですが、 自社のス...

Jiraテスト環境でのメール送受信のための設定

やりたいこと Jiraの検証として、メールの送受信設定に問題がないかテストを行いたい。 本番環境からコピーして検証環境を作成した場合は、本番環境と同じ設定が入っているため、メールが間違って解析されてしまったり、ユーザーに誤った通知が送信される可能性があり、 危険です。 これを防ぐため、①検証環境から本番環境に関連するメールの処理を全て除外し、②検証用の設定を新たに加える、という手順により検証を行う。 必要項目 メール送信用のアカウント情報(すでに設定されている情報をもう一回) メール受信テスト用のメールボックスのアカウント情報 テストユーザ(アプリケーションアクセス+課題作成パーミッションがあ...

Spring I/O 2018 Day1 Slides

Spring I/O 2018 がバルセロナにて、5月24日 - 25日の間で行われています。 去年もチケットが即日完売となる盛況ぷりでしたが、今年は1,000人以上、46ヶ国から参加、50人以上のスピーカーによる多彩なセッションという去年の倍以上の規模感で盛り上がっています! 今年はロゴが心臓 corazón の形ですよ。Spring keeps me alive!  気になる方は #springio18 で検索! 取り急ぎ Day1 のセッションのスライドをまとめてみました。現時点で集められたものだけなので、資料見つけ次第追加していきます。 Keynote - Thinking back,...

Atlassian の記事まとめ

先日Atlassian社のシルバーソリューションパートナーに認定されました。 引き続きブログや勉強会などで色々発信してきますのでよろしくお願いします! 使い方がわからない、導入をどうすれば良いかにつきましても是非是非ご相談ください。 これまでのブログ記事はこちら https://blog.tagbangers.co.jp/ja/category/Atlassian これまでの発表内容はこちら ・タグバンガーズのワークスタイル with Atlassian ... Atlassian Japan Forum 2017 ・JIRA + OSS を使った楽ちんチーム開発 JIRAの部 ......