Tagbangers Blog

Blog

Jiraテスト環境でのメール送受信のための設定

やりたいこと Jiraの検証として、メールの送受信設定に問題がないかテストを行いたい。 本番環境からコピーして検証環境を作成した場合は、本番環境と同じ設定が入っているため、メールが間違って解析されてしまったり、ユーザーに誤った通知が送信される可能性があり、 危険です。 これを防ぐため、①検証環境から本番環境に関連するメールの処理を全て除外し、②検証用の設定を新たに加える、という手順により検証を行う。 必要項目 メール送信用のアカウント情報(すでに設定されている情報をもう一回) メール受信テスト用のメールボックスのアカウント情報 テストユーザ(アプリケーションアクセス+課題作成パーミッションがあ...

The temporary upload location [/tmp/tomcat.***] is not valid

Spring Boot のアプリでファイルアップロードの機能が突然以下のようなエラーで機能しなくなるようなことがありました。 java.io.IOException: The temporary upload location [/tmp/tomcat.4973725229945795147.5000/work/Tomcat/localhost/ROOT] is not valid 原因は以下。 https://github.com/spring-projects/spring-boot/issues/5009 https://github.com/spring-projects/spring...

Windowsで1から環境を整え、Mask RCNNを動かすまで。

先日の記事では、UbuntuでMask RCNNを動かすまでの環境構築を紹介しましたが、今回はNVIDAのGPUを搭載したWindowsです。つまずいた箇所をメインに紹介していきます。 1. Pythonの環境構築 こちらからAnacondaを落としてきて、セットアップをします。 セットアップが終わったら、環境変数を以下の通り設定します。 C:¥Users¥¥Anaconda3 C:¥Users¥¥Anaconda3¥Library¥bin C:¥Users¥¥Anaconda3¥Scripts これでpythonが使えるようになったので、Power Shellを立ち上げ python -...

JetsonTX2で1から環境を整え、Mask RCNNを動かすまで。

以下のバージョンのJetsonTX2で、Mask RCNNを動かすまでの環境構築のメモです。 CUDA 9.0 cuDNN 7.0.5 Jetsonには元からsshが入っているので、手元のPCでssh接続して作業を進めていく。 まずはデスクトップUI環境を入れるため以下を実行。 ssh nvidia@[IPアドレス] cd NVIDIA-INSTALLER/ sudo ./installer.sh 再起動後、ブルースクリーン以外何も表示されなかったため、以下を実行。 sudo dpkg --configure -a sudo apt-get update sudo apt-get up...

Spring I/O 2018 Day2 Slides

Spring Boot 2.0 Web Applications by Stéphane Nicoll / Brian Clozel Time to graph up with Spring Data Neo4j by Gerrit Meier Documenting RESTful APIs with Spring REST Docs and RAML by Mathias Düsterhöft Monitor Your Spring Boot Application with Logs, Metrics, Pings, and Traces [Workshop] by Philipp Kr...

Spring I/O 2018 Day1 Slides

Spring I/O 2018 がバルセロナにて、5月24日 - 25日の間で行われています。 去年もチケットが即日完売となる盛況ぷりでしたが、今年は1,000人以上、46ヶ国から参加、50人以上のスピーカーによる多彩なセッションという去年の倍以上の規模感で盛り上がっています! 今年はロゴが心臓 corazón の形ですよ。Spring keeps me alive!  気になる方は #springio18 で検索! 取り急ぎ Day1 のセッションのスライドをまとめてみました。現時点で集められたものだけなので、資料見つけ次第追加していきます。 Keynote - Thinking back,...

安価でセキュリティの高い静的ホスティングを実施しよう!(後編)

こんばんわ。ナミキです。 前編の続きとなります 後編開演 【手順おしながき】 1.ACM(無料)を取得しよう 2.CloudFront を作成しよう 3.CloudFront にACMを設定しよう 4.Route53 に CloudFront のドメインを設定しよう 5.S3のバケットポリシーを削除しよう 1.ACM(無料)を取得しよう ※注意:ACMは「米国東部 (バージニア北部)(us-east-1)」で必ず取得してください!でないと Cloudfront に適用できません 証明書のリクエスト(https://ap-northeast-1.console.aws.amazon.com/ac...

Atlassian の記事まとめ

先日Atlassian社のシルバーソリューションパートナーに認定されました。 引き続きブログや勉強会などで色々発信してきますのでよろしくお願いします! 使い方がわからない、導入をどうすれば良いかにつきましても是非是非ご相談ください。 これまでのブログ記事はこちら https://blog.tagbangers.co.jp/ja/category/Atlassian これまでの発表内容はこちら ・タグバンガーズのワークスタイル with Atlassian ... Atlassian Japan Forum 2017 ・JIRA + OSS を使った楽ちんチーム開発 JIRAの部 ......

Bamboo + Android + Firebase Test Lab + SonarQube

Android プロジェクトを Bamboo にのせて CI してみます。 それぞれ以下のような役割です。 Bamboo: CI サーバ Firebase Test Lab: Android のテストをクラウド上の仮想、もしくは物理端末で実行してくれるサービス SonarQube: コード解析。今回は Firebase で実施したインスツルメントテストのカバレッジを反映します 1. Firebase にプロジェクトを作成 コンソールぽちぽち。 CI からの認証用にサービスアカウントを作っておく。 2. Bamboo サーバに Google Cloud SDK のセットアップ https://c...