Tagbangers Blog

Spring Framework

Thymeleafでpomのversionを利用する

お久しぶりです。奥村です。 GWを明日に控えたこのタイミングで連休ボケする前に小ネタを1つ投稿しておきます。 pomのversion値を利用して、各バージョンごとでcssファイルなどのキャッシュをリセットさせたい!っといった要望があった際に利用する小ネタです。 pom.xml     4.0.0     com.example     sample     1.0.0.RELEASE application.properties pom.version=@project.version@ index.html 1.0.0.RELEASE -1138007634 ...

Spring の小粋なクラス Part1 - AbstractPersistable

今回の小粋なクラスは、 org.springframework.data.jpa.domain.AbstractPersistable (spring-data-jpa-1.9.2.RELEASE) JPA を使う時に Entity の親クラスとしてとりあえず継承しておくといい。 AbstractPersistable は JPA における主キーをあらわすメソッドと、主キーベースの #equals(Object) と #hashCode() メソッドが提供される。 下記のリファレンスにもあるとおり、Hibernate ではオブジェクトの等価性を使って同一のデータベースのレコードかどうかを判断す...

​Spring MVC @RequestMappingのマッピング優先度まとめ

Controllerに使う@RequestMappingにはURIの変数や正規表現などいろいろなパターンを指定できますが、どのコントローラにマッピングされるかという優先度をいつも忘れてしまうのでまとめてみます。 ちなみにパターンとして記述できる記号についてはAntPathMatcherのAntPatternComparatorの中で説明されているようで そのdocによると、 ? → 1文字にマッチ * (ワイルドカード) → 0かそれ以上の文字数にマッチ ** (ダブルワイルドカード) → 0かそれ以上のディレクトリにマッチ という意味になってます。 URI変数({variables})とワイ...

ThymeleafでSpringの環境変数を使う

@の後ろにBean名をつけることで、そのBeanにアクセスすることができます。 *ThymeleafでSpringのpropertyファイル(application.propertiesなど)に記述している変数を利用したい場合 ${@environment.getProperty('property.key')} *環境ごとに表示を変更したい場合 This is the production profile or This is the production profile という形で利用できます。 ちなみにシステム環境変数を利用する場合は、以下のように書...